また1年の心臓病花が咲く時

盛夏真夏時、湖南に帰ってきました.八月、なんと涼をあげる.

子供のころは故郷がぼんやりしている影がある.祖母の家で一緒に川に、石丘から飛び降り、また飛び出した土の小道を抜けて、あれらの川風に眠っているの古い家は、川.一枚の石浜、小さい時いつも低い頭を下げて、いつも巧緻円やかの丸石.大喜びするさまの声を拾って、手を洗って細い川の上のほこりをささげ持って、持って帰る.春の川面層の煙をあげて、いつも何人かでしょって川を持って瓢バレル、ふい開岸辺の淺瀬にわら灰舀水;いつも漂う川や二匹の木造船漕ぎぼんやり、悠々と遠くへ.祖母の家の隣の店が多く、多くは木に寄りかかって建てられ、飾っても簡単で、何拙朴の四方に木桌長長い腰掛け、伏せ大小の靑磁碗、並んで二皿筒の竹の箸唐辛子、一列のつぼの立壁の隅で.夏は細切りにして1碗の冷やしそば、伴は一皿唐辛子煮大根、冬に1碗の煮込みうどん、ラーメンの屋台一目玉焼きをかけばいいと唐辛子……湖南の朝はこのように生きて呼び覚まさます.その時の祖母の手をつないで彼女を見ていて他の人と言葉に花が咲く、そして私の叫びではっきり訛りやおじさんのおばさん.だんだん人々と親しくてお金を握っている店で買いに走って騒ぐさん元加多時唐辛子大根がところてんサクサク生の声、そしておばさんにさよなら.大人になってから故郷に帰って、冬の大雪は私はたいへん嬉しく,舅と一緒に裂く凍裂の水槽の扉をされ、軒下の長い氷稜、囲んで火鉢に触れ言葉に花が咲く,畑で小白菜と厚い氷層の葉は、夜に飛び出して熱々の軽食を買って……たまには帰省する子供の身分で、珍しい.

pって何も変わってたみたいね.故郷の話はバーババーバ、たくさんのものを発見してよく知らない.お母さんのお父さんは家に帰って、またいつも古い友達に行くことができて、歓談の歳月.私はただ1つの少しだけにする記憶、努力して1つの故郷を編みて、努力して1つの故郷を編む.基本的には小さい頃から広東に生活して、私は恐らく歳月の中でほんのわずかな記憶を見失うことができます.淡い淡い想い、脆弱極.

p>遊子気持ち<貫く歴史、追憶と神伤.私の故郷はどこにあるか、私はこの地土に対して濃厚な感情があったことがない.でも、小さい頃からの方言、やからの人生、家庭の雰囲気、また、この中で斬れの関係を教えている、ということで全身を動けるている.私は突然とても帰属感がありません.ここで生活していないで、しかしまた1種のかすかな熟知して、しかし事細かの体得、意外にも淡く知らない.私が住んでいるその方、淡い疏離は、故郷よりずっと熟知している.

夏、家の前の芝生の上で乗っているのまばらな名もない花のように、久しぶりに私のかつて見たように、ただ花は、もう呆然とする.私は依然として探して,心臓病、私の血液中に流れる.作家のかつて言ったように、私は死ぬ時、彼らは私について1度死んでまた一回死んで.その温もりと隠密の存在は.