香水の心臓病使用は不当に使用することができます

シャネル味のない人は将来のないということはないと言います.」香水は憂うつに抵抗することができて、香りの香りは自分が自然に身につけて、心身をリラックスさせます.しかし、私たちは、極端な誘惑に陶酔している香りには、何もしていない香水の香りの中で私たちの体を少し傷つけている.粗悪な香水は生殖毒性に凝るのは品質にこだわっている香水のほとんどは純天然植物から抽出して来て、香りは純粋で、体に対して小さい.値段は安くはないの大物香水がはっきり明記して源が天然の花香成分で、普通の香水は天然エッセンスとその他の化学物合成の芳香剤、その濃厚に鼻の香りの大半は芳香族化合物の手柄.天然生花の香りを極力シミュレーションして、人工的な香りの分子の濃度は天然の香りが分泌する濃度をはるかに超えて.広東省労災リハビリテーション病院薬剤科呂剣豪によると,現在の香水足を付けるた1種の香り持久のフタル酸エステル(DEHP)成分.フタル酸エステル類物質は実は含めじゅうの具体的な化合物の化学物質類別家族、はすべてのフタル酸エステル類も禁止され.その中に、BBP DBPとDEHPは癌の,システム生殖毒性の.皮膚を露出して塗りやすいアレルギー呂剣豪紹介、早めに実証を研究して、常に接触芳香類揮発性物質が人体器官、特に呼吸道、皮膚や中枢神経発生程度刺激で、皮膚のアレルギーを引き起こす可能性があり、ぜんそく、くらくらして、息苦しくて、息を吸って困難などの症状.芳香剤でじんましんじんましん、皮膚など副作用を生じる人が多いと訴えています.芳香剤は慢性肺病に特に喘息患者の影響を大きく影響する.統計によると、アメリカ、ガンダム75(約900万人)のぜんそく症例は香水誘発の.香水の中の苦痛はそれに止まらないで、いくつか香水の熱狂的なファンは自分の全身すべてすべての人に魅惑的な香りを出すため、すべての裸の筋肉と皮膚はすべて香水を塗って、結果から22008紅斑.この香水の中のいくつかの成分は、たとえば微量の銅、アルコールやレモンなど陽光が化学反応を生じて、有害物質を分解、敏感肌の刺激を受け、赤い腫れ、刺してなど現象、接触性皮膚炎.だから,心臓病、香水は光の写真にはつけないほうがいいということだ.ぜんそく皮膚炎患者は少なく香水にアレルギー性ぜんそく、皮膚炎の人が少なくありません.Cの剣豪に紹介、香水はアレルギー元になります.妊婦または授乳期間の母親は使えない.特に指摘することは、児童が大人よりもかぐわしいに影響を受けやすいということです.惜しいのは、市場でほとんどの乳幼児用品が芳香剤を添加している.親はいつも香水を吹きかけてと、毒に子供が空気を呼吸するように、子供の集中力がない、学習障害、活動を過度に、最悪の痙攣誘発する、などの危害の発達が遅れて.Tips会用香水が味を含む香水なるべく天然の花香成分が高く、化学成分の少ない香水.原料に天然の香り成分が含まれている場合、値段が安いとしても、規格品ではありません.香水を使って自分の香りを探し当てて.香水のタブーとする、同時に.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です