辰砂の心臓病涙、1つの簾の幽雨、1枚の紅塵紅塵紅塵

1基の傷城、半池の花火.捻り潰す秋跡にしとしとと雨が琥珀瑠璃,摘みカラフル年月の中でいらいらするバラの花びらを迎え、1度のバラの咲く.

紅塵見知らぬ人、奇妙殊途、三世の小豆を一生の花火、けぶる中のすれ違い.あなたは私の今生出会い増やすだけこの世の一席情殇、一段の世の変転ニュース.いつもそれでは多くのファンが一緒に凄婉歌憂うつ、いつもそれでは深い涙絡みつく、積み上げて心、時には入り組み、続いて朱に涙を溶け込んで、天から和尚にはなれぬ体のすべての角隅.ある心の洗礼は三世三世の花火、1世のぼんやりしている.

をひとつどぶろく、ぐっすり涼建てで躊躇ふらふら、ふらふらに戸惑い,心臓病、酔って曲柄の世界.念指、闇に包まれた塵どんよりと妥協世界、汚いとともに、ほこりを生の世界、湯にも入り水にも浸さる、涼は冷たい水を刺すように、心の骨.誰がかつて潮涨潮落にいるとして、蝶に花が舞い、カササギに行ってすべてを問わず.どこに憂て.仮て天地間のスリットを描く、天涯の家、待天涯の客.

一曲の副虹の裳裾、赤い袖添香,詩歌に刻まれ情過ち、眷美浮き草人生、情も遠いし、罗帕巾の鴛鴦刺繍編みで 催淫剤の口コミ.1大きな川の東水無限流、綿の座礁は色目辰砂、簾幽雨、枚落ち三世の紅塵花火.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です