五臓六腑は何の心臓病内臓の機能

私達はすべて知っていて、五臓六腑は成語とは、人の体内の主要器官.しかし本当を言え五臓六腑はすべて何の人は少ない.五臓六腑の役割はどうですか?内臓の機能はどうですか?下の小編集からあなたに詳しく話してください.

の中国医学は、人の有機全体は五臓を中心に構成の極めて複雑な統一体、それは五臓を主として、配合六腑、経絡ネットワークとして、体の器官を形成し、5大システム.これは漢方医学のシステム理論の一部分です.

Pとは、心、肝、脾臓、肺、腎臓

六腑指したのは:胆、胃、小腸、大腸、膀胱、三焦

汚れは、臓とは、臓と肝、肝、脾、肺、腎臓、五臓として、心の包絡包絡と6汚い.しかし習慣には心嚢経絡の付属して心、五臓は心嚢の経絡を総括した.汚い者、隠しても.心蔵神、肺蔵魂、肝蔵魂、脾は、智、腎蔵精と誌、五臓.

五臓五臓

心臓機能

P1、支配意識――思考、記憶,判断など精神状態.心が神気、心が罹患時,忘れやすく、不眠、精神上の障害をもたらしやすい.

P2、支配の血脈――心は血を支配することができる

脈ので、それと肝のように、貧血や鹿と血が連帯関係.

p肝臓機能

、貯蔵血――肝臓の病気が貧血、血の現象は鹿、同様に、鹿貧血、血も肝臓の病気を引き起こしの発作.

1つの強健な肝、病気になりやすいです.逆に、肝衰弱して、病気になりやすい,心臓病、体が弱って、風邪、喉に炎症、リンパ腺腫大など、肝機能異常が引き起こした.

三、嫌い拘束――肝が好き、嫌い拘束する性質があるので、精神的なストレスを受けて、肝が怒る、焦って、肝機能の異常による.更年期障害、経理級の職業病は、このタイプの肝臓病に属する.

p脾臓機能

P1、食物の吸収――脾は食べ物の栄養吸収、分解しやすい養分を分解し、全身各器官に送ります.脾臓が異常なため、消化能力が衰退し、栄養不良、体をやせ細っさせます.
紅蜘蛛

Pは、筋肉、手、足――体が太ったり、手足が冷たく、手足が冷たく、活動も脾機能異常な症状だと思う.

三、脾の機能を支配する血液――衰退になる貧血の現象と出血しやすい状況.

肺臓機能

ひとつ、呼吸を支配する――空気は肺の呼である

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です