五禽戏の心臓病練習方法を练習五禽戏の注意事項

五禽戏

は中国の伝統的なフィットネスの気功仕事の原理は、5種類の動物の動きを真似構成.は、後漢の医学家華佗創製.練習五禽戏の利益がたくさんいて、それがどのように练習五禽戏?次に紹介五禽戏の練習方法や練習五禽戏の注意事項.

五禽戏の練習方法

1、鳥芝居

p自然駅式.息を吸う時から左足を訳すので、両腕侧中段、揚起の眉、大いに力、鳥の翼飛行したい状;息を吐くときに、左足反落下落地面、両腕に足サイド.そして、右足は法操作について
精力剤.これくらいの7度交代して.そして腰に座る.曲げて右足膝下、両手、拉腿膝近く胸;稍停後両手を左ひざ下のような操作を交換法.こんなに左右交代も7度.最後に、鳥の翼のような両腕か伸縮各ななしち度.

p2、鹿の戯

pは、四肢に四肢をしている.息を吸い、首を左に曲がって、両眼が左側に後視がしまって左折船尾;息を吐き、首が回転、転部に時に息を吸い続けたって右折一如前法.このように左に3回曲がって、右に2回、最後に回復するのは睁開のようです.そして、左足を上げてとても伸稍停後,左足を上げ、右足のようにとても伸法.この左足の後3度伸ばして、右足2度.

P3,心臓病、類人猿戯

二者択一堅牢クリヤー(例えば鉄棒、ドア、木のフォークなど)、少し高い自身、立つ指届か高さ、猿のようによじ登って物を両手でグリップクリヤーを2肢宙に浮いて、懸垂ななしち度.そしてまず左足で背中をフッククリヤーを両手で、頭身次に下を逆さまにぶら下がり、略後に停止のように交換右足法フック竿論点県.これくらいの7度交代して.

4、トラ芝居

自然駅式、身をかがめて、両手を前に、巨体を聳を配合して息を吸い、当面聳極まりない後稍停;そして、身後縮し呼気;そうさん度.先に左から右に聞き続いて両手と両足を転用する前、あとへ退く移、いて通りに面して日を見上げて、頭を下げて前の目の高さが同じ;最後に、トラのように四肢の前で歩いて登りななしち歩、ななしち歩後退.

p5、熊戯

仰臥式、両足をなる,両足を離れ床席、両手で膝を抱いて、首を向上させ、肩を床席;略止まって、先に左の肩侧滾洛ベッドの顔が、左の肩に触れ床席一に復首を上へ、肩から床席;少し後に停止更にで右肩侧から転がり落ち、複.これくらいの7度交代して.

P式、両足の着床度はしゃがみ式、両手分は同侧の足の横にします;引き続いて熊が通行するように、左足と右手の掌はベッド度;.こんなに左右交互に、巨体も次に左右振り、一刻を止.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です