心臓病及びその症状

心臓は、生まれてからずっと休むことなく働き続ける臓器です。同じリズムを出来るだけ維持し続けて、全身に血液を送り酸素や栄養を循環させる働き者なのです。その心臓にこういう機能が順調に働きないときは心臓病といいます。

心臓病には下記のように分けています。

  1. 主に生活習慣による動脈硬化が原因で起こる「冠動脈疾患」。代表的なのは狭心症や心筋梗塞があります。
  2. 不整脈、心房細動、心室細動、房室ブロックなどの「脈の乱れを起こす病気」。
  3. 心房中隔欠損、肺動脈狭窄などの生まれつき心臓に問題がある「先天性心臓病」
  4. 心筋の病気、心臓弁膜の病気、心膜の病気など。
  5. その他の病気、心肥大、精神的な原因から起こる心臓神経症など。

ではどうやって自分が心臓病に抱えているかを判断しますか。心臓病の発症直前の警告サインを紹介します。

胸が痛い、ドキドキ、呼吸困難、一瞬のめまい、失神、疲れやすいなど、また食欲がなく、軽い吐き気と右の肋骨の下の脇腹に鈍い痛みがあった。安静時でも、突然、前胸部の激痛が起こる、足のむくみがある、体重は相当に増えるなどのことがありましたら、ぜひ見逃さないで、気をつけてください。また、心臓病の方は媚薬の服用をお控えください。

では予防するにはどうすればいいのですか。

食事で心臓病を予防

心臓病にはコレステロールに関係があるため、コレステロールをなるべく控えたほうがいいです。例えば野菜やきのこ類、豆類などで動物性脂肪の代わりにたくさん取るようにしましょう。または塩分の取りすぎも高血圧の原因となりますので、塩分を控えて、一日10g未満の方がおすすめです。

オススメサイト

レビトラはバイアグラに次ぐ二番目のED治療薬として注目されています。10mgと20mgの二種類があります。レビトラ10mgと20mgの違いをご紹介します。

女性媚薬の中で、催情剤や催淫剤などを使用後に性欲を引き起こし、長年のセックスレスの解消や不感症などの病症の改善も期待できます。

シアリスはイーライリリー社が製造販売するタダラフィルが主成分の経口のPDE5阻害剤というものです。作用時間が長く、服用から36時間効果が継続します。長時間作用するといいましても、3日間勃起がおさまらないという事ではないので安心して下さい。

勃起不全EDとは性生活の中に正常の勃起を維持することができない状態である!一般的には勃起障害、ED、勃起不能、などとも呼ばれる。

勃起促進剤のタダラフィルを使う場合、勃起時間が更に続いて苦痛、つまり勃起するままで苦しいこともたまに聞いたことがあります。

バイアグラとはアメリカのファイザー社が1998年発売した性的不能治療薬です。もともとは心臓病薬として開発されましたが、男性の陰茎の勃起作用が注目されて、ED治療薬に転換しました。